XMの口座を開設してみよう【わずか3分で簡単】

海外FXの中でも1,2を争うほどの人気を誇るXM。
今回は、そんなXMの口座開設方法を画像つきでわかりやすく解説していきます。

わずか3分です。
では、いってみましょう!

XM口座開設の手順

上の「口座を開設する」をクリックすると以下のように表示されます。

XMのLP

右側、緑色の「口座を開設する」をクリックしましょう。

口座開設までの2ステップ

個人情報と取引口座詳細を入力

個人情報と取引口座詳細を入力

個人情報記入欄

まずはローマ字であなたの個人情報を入力していきましょう。
正しく入力されると右側に緑のチェックマークが付きます。

電話の「+81」というのは電話番号で使われる日本の国番号です。
あなたの電話番号が、090XXXXXXXXの場合は、最初の0を取って「+8190XXXXXXXXXXXXXX」と入力してくださいね。

ちなみに、わたしもXMに口座を持っていますが、これまでかかってきたことはありません。

記入例

個人情報の記入例

次に、取引口座詳細を選びます。
どれにするか悩ましいでしょうか?

取引プラットフォームタイプ。MT5又はMT4を選ぶ。

MT4とMT5の違い

ここでは簡潔にMT4とMT5の違いについて説明します。

MT4とは「MeteTrader4」で、MT5とは「MeteTrader5」の略称です。

MT4とMT5が異なっている点はいくつかありますが、「動作のスピード」や「時間足の種類」「気配値、ナビゲーターウインド」などが挙げられます。

両者の最も大きな違いは「動作スピード」です。

MT4は、メモリの消費量が低いのですが、動作スピードに関してはMT5に比べると「少し遅い」です。

それに比べてMT5の動作スピードは、サクサク動くのですが、メモリをたくさん使うのがデメリット。

スキャルピングトレードやポジション取りなど、ストレスなく行うためには、MT5の方が取引しやすいでしょう。

もう一つMT4とMT5の大きな違いをあげるとするなら「時間足の種類」があります。

MT4の時間足は「9種類」です。
一方、MT5の時間足はMT4と比べて12個も多くなんと「21種類」もあります。

MT5には、2分足や5分足、2時間足や12時間足が増えていますので、チャート分析中心のトレーダーにはとても重宝するのが、MT5です。

3つの口座タイプの違い

口座タイプ。スタンダード、マイクロ、zeroの3つから選ぶ。

スタンダード…最小取引が1000通貨単位からできます。レバレッジは最大888倍。口座開設するだけで3000円のボーナスがもらえたり、入金額に応じて更にボーナスがもらえます。
マイクロ…最小取引が10通貨からできます。レバレッジはスタンダード口座と同じく最大888倍。
XM zero…最小取引が1000通貨単位。レバレッジは最大500倍。ボーナスはもらえません。

わたしのオススメはスタンダード口座です。
1000通貨単位で売買しても、そんなに金額が変化しませんからね。

FX初心者さんが練習がてらに取引するにしても1000通貨で単位で十分だと思います。

それにマイクロだと最大10万通貨までしかエントリーできないので、少ないかなーと思います。
せっかく最大888倍のハイレバレッジできるのに、それを活かせないですよね。

zeroはボーナスもらえないので、パス。

やっぱり最初に選ぶのはスタンダードで良いと思います。

「…マイクロに変えたい!」と思ったら後からでも変更できますしね。

ここまで入力が終わったら、「ステップ2へ進む」という緑色のボタンをクリックしてください。

名前、生年月日、住所などを埋めていきましょう。

名前などの個人情報記入例

それぞれの項目にしたがって記入を進めていきます。

住所詳細記入例

住所の入力はアルファベットです。
漢字ではないことに注意。

マンションやアパートなどの建物名は省略してください。
15文字を超えるとエラーになるからです。

15文字を超えて入力しエラーになったところ。

納税義務のところは「いいえ」を選んでください(これを読んでるあなたは日本人ですよね?米国市民ではないはず!)。

取引口座詳細の記入例

口座の基本通貨はEUR、USD、JPYの3つから選べますが、日本人ならJPY(円)が1番わかりやすいですよね。

レバレッジは最大888倍でトレードしたい場合は、1:888を選んでください。

ボーナスの受け取りはきちんと選択してくださいね。
ここで、いいえを選んでしまうと、ボーナスがもらえません…。

投資家情報記入例

投資家情報はおおよそで入力すればOK。
きっちり正確でなくても大丈夫です。

注意点は、投資額(USD)を「0-20,000」を選んでおくこと。
そうしないとレバレッジの最大が200倍に制限を受けてしまいます。

口座パスワード

そして口座パスワードを入力します。
ログイン時に使うので、きちんとメモを残しておきましょう。

確認項目とリアル口座解説ボタン

最後に確認項目2つにチェックを入れて、緑色の「リアル口座開設」ボタンをクリックします。

XMからメールが届く

入力したメールアドレスにXMから確認メールが届きます。

「Eメールアドレスをご確認下さい。」という赤いボタンをクリックすると、口座開設は完了になります。

XMの口コミ

元々国内FXをやっており、特に理由もなく海外FXは危ないと決めつけてやっていませんでした。

ところが国内FXの追証の記事をインターネットで見かけて海外FXの方が安心して取引をできるのではないかと思い、海外FXで一番メジャーと思われるXMに口座開設をし、取引を始めました。

XMの場合、口座開設ボーナス3000円がもらえますので、最初の半年くらいはその3000円を使い、自己資金を入金しないまま1万円くらいまで増やしました。

その後1万円を入金したのでプラスで1万円の100%入金ボーナスをもらい、合計23000円の証拠金でトレードしています。

最初に入金せずに資金を増やせたのはかなりお得だと思いますし、100%入金ボーナスも入金額の倍の取引ができることになるのでかなりお得だと思っています。

トレードスタイルはスキャルピングで勝てると思った時にのみ参入しています。

1日50pips取れれば良いというルールでコツコツ資産を増やしていて、あまり負けないことを目標にしています。

自分の場合負けると取り返そうとしたりトレードそのものが嫌になりますので。

難点を挙げるとすればMT4のスマホアプリがあまり使い勝手が良くないのでパソコンのMT4でのトレードのみとなっていることです。

でも、やみくもにトレードしないというルールを守れる面ではスマホでトレードしないというのも良いとも思っています。

今後資産が増えたらXMでCFD取引にも挑戦できたらなと考えています。

投稿者:アメリさん 38歳/女性/会社員

海外口座の中でもダントツの人気のXMですが、私が実際に使ってみてのリアルな体験談をお話しします。
早速お話していきます。

入金ボーナスに甘えてはいけない。
私は、XMを選ぶきっかけがボーナスでした。

入金と同じ額のボーナスが貰えるというもの。
例えば1万円入金したら1万円ボーナスとなります。(限度有)
とてもいいサービスと思わない人は居ないと思います。

これだけ見ると一万増えたように思えますが実際はそういう事ではありません。
クレジットとしてただ追加されただけで自分のお金ではありません。

なので損切する際は、自分の資金から減ります。
XMでは追証が無い分クレジット枠がなくなっても大丈夫ですが、ボーナスはないものだと考えた方が良いと思いました。

初心者の方ならマイクロ口座やスタンダートだと思いますが、私もスタンダート口座にしました。

XMは世界的に信用力があるので初めての海外口座では始めやすいですね。

投稿者:p-toさん 29歳/男性/会社員

海外FX会社である「XM」を利用しだして5年ほどになるのですが、良かった点としては「ボーナスが多かった」ことです。

自分が知っている海外FX会社の中でもNo.1のボーナスの多さ!
口座開設するだけで「3000円のボーナス」がゲットできるんです。

それに加え、口座に入金さえすれば入金ボーナスとして「最大50万円のボーナス」が貰えます。

しかし、50万円一気に貰えるわけではありません。

XMのボーナスの仕組みは、入金額に対して最大5万円分まで100%分のボーナス支給してくれ、残りの入金額に対して20%分のボーナス支給をしてくれるという2段階支給になっています。

自分の場合では、10万円入金して、1段階目のボーナスである10万円のうち5万円分が100%ボーナスとして5万円分支給されました。
そして、2段階目のボーナスとして、残りの5万円に対して20%分のボーナスとして1万円分支給されました。

この支給は1回だけではなく、総額が50万円支給されるまで続きます。
なので、自分みたいなお小遣い制のサラリーマン投資家にとっては、とてもありがたいサービスになっています。

投稿者:ハマさん 37歳/男性/会社員

私は国内のFX業者の口座で取引をした後にXMの口座を開設し取引をしました。

国内のFX業者と比較して、最も大きく違うことは最大のレバレッジが888倍と非常に大きなレバレッジで取引できる点です。
これなら元金が少なくても大きな取引を行うことが可能で、小資金しかない私にとっては大きなメリットでした。

ただ、それだけ大きなレバレッジで取引をすると損失が大きくなってしまうのではないかと心配になると思います。

ですがXMではゼロカットシステムが採用されており、入金していた金額以上の損失が出た場合でも追加の証拠金の入金が求められるわけではなく、あくまで入金している金額の範囲での損失しか発生しません。

これが国内のFX業者だと追加の証拠金の支払いを求められます。

FX取引では突如大きな価格変動が起こり、証拠金以上の損失が出ることもしばしばありますが、証拠金以上の損失が出ないのはXMの大きなメリットだと感じています。

一方で、デメリットもいくつか感じました。
まず、海外の業者であるため操作方法を習得するまでに多少苦労をしてしまいます。

日本語でのサポートもあるものの、国内のFX業者の取引と比較するとやはり使いにくいです。
また、スプレッドがやや高く感じます。

投稿者:haraさん 32歳/男性/会社員