プロトレーダーの年収はどれくらい?

FXをする多くの人が「いつの日か専業トレーダーになって自由な生活と大金を手にしたい」と思っていることでしょう。

実際にプロトレーダーの年収はどれ程なのでしょうか?
余裕のある生活費を稼ぐにはどうすべきなのか?

など疑問はたくさんあるとおもいます。

そこで、FXのプロトレーダーの年収について調べてみました。

専業トレーダーとプロトレーダーの違い

厳密に説明すれば、専業トレーダー=プロトレーダーは間違い

専業トレーダーはFXだけで収入を得ている個人投資家、プロトレーダーは機関投資家のように銀行などの金融機関やヘッジファンドなどの職務としてトレードを行っている人たちのことを指します。

プロトレーダーが個人投資家と違うのはプロトレーダーの収入は投資家ら得た収入ではなく、所属する企業から得る給与です。

また、個人投資家のような自由度の高さはなく、投資銘柄、運用成績などを会社から厳しくチェックされます。

為替ディーラーの年収

為替銀行などの金融機関で取引を行う人たちです。

為替ディーラーは年収によって大きく開きがあり、歩合制を採っている会社もあれば、通常の給与として役職に応じて支払われている場合もあります。

大体平均して800~1000万円の年収といわれています。

また、為替ディーラーの中でも外資系企業のディーラーはこれよりももっと高い年収だと言われています。

このようにプロトレーダーの年収は一般的な年収よりも高いと言えるでしょう。

大きなプレッシャーの中で資産を運用するわけですのでその分年収は確保されていてしかるべきでしょう。

個人の専業・兼業トレーダー

個人トレーダー個人だと実にさまざまな立場の人が市場に参加しています。
会社員をしながらの人や主婦の人、中には学生さんもいるでしょう。

これらの人は兼業トレーダーに分類されます。

兼業トレーダーの年収はさまざまです。
兼業でありながらも何千万も稼いでいる人もいるでしょう。

一方、年間で数万円を稼ぐにとどまっている人もいます。

専業トレーダーはトレードだけで収益を得て生活をしている人です。
専業トレーダーの場合は為替ディーラーと違い、自分が稼いだ収益はすべて自分の収入になります。

そのため中には年収1億円を超えるトレーダーも実際にいます(うらやましい…!)
FXや株のトレードに夢があるのは青天井で稼ぐことができるからですね。

専業トレーダーになりたいなら最低でも年収500万円をめざす

500万円専業を目指すなら少なくとも年収500万円くらいは欲しいですね。

だいたい月に40~50万円稼いでいくことが必要になります。
そのためにはコンスタントに投資で稼いでいく力が必要になります。

専業トレーダーのトレード手法

デイトレやスキャルピングで資金効率の良いトレードをする

長期投資よりもデイトレやスキャルピングなど、資金効率の良いトレードをする人が多い傾向にあります。

なかにはスイングで中長期戦略を取っているケースもありますが、短期間で資金を増やした人は短期投資で集中的に資産を多くしています。

これは、短期トレードの方がファンダメンタルズにあまり左右されずテクニカル分析を利用して稼ぐことができるから。

長期的な経済の流れよりも値動きに重視したトレードで稼ぐ傾向が多いのも個人投資家の特徴です。

トレード時間は決まっている

時間為替は24時間動いていますが、専業だからといって一日中相場に張り付いてはいません。

投資する時間帯は定まっていて、それぞれが自分自身のルールに従ってトレードしています。

というのも、トレーダーごとに得意な時間が存在するからです。
24時間動き続ける為替ですが、開いている市場により、値動きのクセが異なります。

例えば東京市場がオープンしている日本の日中は穏やかな値動き、欧州・NY市場がオープンしている日本の夜の時間は活発な値動き、などです。

その中でトレーダー自身が得意な時間帯を選んでいます。

値幅の取りやすいNY時間が有利なのか、値動きが穏やかな東京時間が有利なのか、自分で自分を良く知っており、参入する時間帯を自分のルールとして持っています。

いくら稼げそうでも自分の得意な時間帯以外では簡単にトレードに参加することはありません。

限られた材料で相場判断を行う

専業トレーダーといっても個人投資家です。
機関投資家のような豊富な情報を得られるわけではありません。

専業トレーダーは限られた情報と材料の中でコンスタントに利益を上げていかなければなりません。

このような厳しい条件の中では自身のトレード手法と資金管理法を研究していくことでトレードに強くなっていきます。

テクニカル分析を中心とした相場研究をしながらファンダメンタルズで市場の地合いを研究し続けています。
一生勉強を続けられることも専業トレーダーの資質と言えそうですね。

冷静な判断が必要

損切りトレードで勝っていくには何としても冷静な判断が必要になります。

例えば、1日2万円稼ぐのがルールだとしたら、深追いはせず、それでその日はトレードを終わりにする人もいます。

逆に3連敗したらその日はもうトレードしない、などのルールを設けている人もいます。

これはどちらも冷静な判断を続けるためのルールです。

相場はついつい熱くなってしまい、負けたら取り返そうとしたり、逆に勝っていると「今日は調子がいい」などと思ってもっと稼ごうとします。

このような時にこそ冷静な判断ができるかできないかでトータルの成績に響いてきます。

また、損切りに対しても冷静な判断が必要です。

自分の間違いを認めることは誰しも非常に難しいこと。

けれども。ここで冷静に損を認めることができる人は後々稼いでいくことができます。

専業トレーダーになるために、まずはしっかりと勝てるスキルを養う

スキルアップが収入アップに繋がるプロトレーダー、専業トレーダーについて解説してきました。

専業トレーダーとして投資だけで生活していくにはコンスタントに勝てるようになるためにスキルを磨いておくことが必要です。

また、調子が悪い時でも冷静に対応して年間でトータルで勝っていけるようにすることが非常に大切になってきます。

相場ではどうしても勝ちにくい時期というものが訪れます。
それは3日で終わるかもしれませんし、1か月続くかもしれません。

もしかしたら半年~数年続くことだってあるでしょう。

そんなときでも冷静に対処してきちんと生活をしながら相場で生き残っていくための武器をたくさんもっていなければなりません。

筆者の考えとしてはまずは兼業トレーダーをしながらたくさんの経験を積むことをおすすめします。

まりえ

生活を確保しながら勉強して、最低2年間は生活できるだけの資産を貯めてから専業トレーダーに転向するのが良いんじゃないのかと思っています。

学びを怠らず夢の高収入に向かって頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA