海外FXとアメリカ株投資、どちらを始めたらいいかな?

これから投資の幅を広げていきたいというときに米国株式と海外FXと迷っている人もいると思います。

米国株投資は日本株投資に比べて魅力が多いですし、海外FXはハイレバレッジで少額から始めることができ、どちらも違った魅力を持っています。

結論から言えば米国株式は中上級者向けの長期投資、海外FXは初級者からできる短期投資です。

ここでは米国株式投資と海外FXを比較してみたいと思います。

米国株式投資のメリットとデメリット

米国株式投資のメリット

米国株式投資の主なメリット
  • 世界的な優良企業に投資できる
  • 米国の株価は高値を更新し続けている
  • 1株から購入可能
  • 高配当

世界的な優良企業に投資できる

米国の株式市場には世界企業が多数上場しています。
米国株式投資はそのような名立たる優良企業に投資できるという魅力があります。

米国株で投資できるのは例えば

  • アップル
  • アマゾン
  • グーグル
  • コカ・コーラ
  • スターバックス
  • マクドナルド
  • インテル
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • P&G
等…まだまだあります。

海外企業でありながらこんなに認知されている企業というのはそれだけ規模が大きく、実績と信頼性を持っている実力のある企業ということです。

そのような会社に投資できるのは非常に魅力があります。

米国の株価は高値を更新し続けている

米国株式投資の魅力といえば力強い米国景気です。
米国は先進国の中で唯一人口が伸び続けている国で消費も旺盛です。

S&P500の月足と日経平均株価の月足チャート上のチャートがS&P500の月足、下のチャートが日経平均株価の月足です。

2つを見比べると、米国株は世界金融危機の時に下降するものの、その後はずっと上昇しつづけています。

一方、日本株は危機後はしばらく足踏み状態となり、値を戻すまでにかなりの時間がかかっています。

このように上昇トレンドを長期間続けていることも、米国株に投資する大きなメリットです。

1株から購入可能

日本株は基本的に100株など単元が決まっており、単元ごとに購入しなければなりません。
そのため、まとまった資金が必要だったりします。

しかし、米国株は1株から投資が可能で1株でもきちんと配当が得られます。

なので、予算がない人でも少しずつの投資が可能ですし、多くの米国企業に1株ずつ分散投資することもできるのです。

高配当

米国株式投資には株主優待というものはなく、すべて配当金となります。
しかも高配当で利回り5%という企業も多く存在します。

また連続増配25年以上の成長を続ける企業も多数あり、投資を継続していくだけで資産が増えていく可能性が高いのです。

米国株式投資のデメリット

  • 取引手数料・税金が高い
  • 為替変動リスク
  • 情報収集が難しい

取引手数料・税金が高い

米国株式投資の最大のデメリットは取引コストが高いということです。

こちらは国内証券会社各社の米国株式取引の手数料ですが、どの会社も条件はほぼ同じです。

マネックス証券、SBI証券。楽天証券の為替手数料と売買手数料、最低手数料、最低購入単位の一覧表米国株式を行うにはまずドル建てで投資しなければなりません。

そのためには円をドルに換金しなければならず、その際に為替手数料がかかります。

為替手数料が片道25銭かかりますので10万円を換える際に250円かかります。

さらに1000ドル(約10万円)分の売買手数料は5ドルですので500円となり、購入するだけでもかなりのコストがかかります。

また、配当金に対して米国所得税10%がかかり、さらに日本国内の税率20%がかかるという二重課税の状態になります。
せっかくの高配当ですが、課税に実際に受け取れる配当金はおよそ70%程度になります。

MEMO
ただし米国の税金は、確定申告をして「外国税額控除」で一部返ってきます。

為替変動リスク

為替変動リドル建て投資になるので、為替変動リスクも勘案すべきです。

ドル高のときに株式を購入してもその後ドル安となり、思ったように収益を得られないことがあります。

しかし、逆のパターンで株価の上昇とドルの上昇のダブルで収益を得られることもあります。

情報収集が難しい

英語米国株は海外企業ですので、基本的に情報は英語です。
英語が苦になる人にとっては企業情報を研究するのは難しいです。

有名企業ならある程度日本にも情報は入ってきますが、ニュースになるのは翌日になりますので出遅れるリスクがあることも知っておきましょう。

海外FXのメリットとデメリット

まりえ

それでは今度は海外FXのメリット・デメリットをお伝えしていきますね。
海外FXのメリット
  • ハイレバレッジで少額投資が可能
  • 取引コストが安い
  • 豪華なボーナスが付く会社がある
  • 追証なしのゼロカットシステム

ハイレバレッジで少額投資が可能

海外FXの最大の魅力はハイレバレッジで投資ができる点です。

レバレッジ500倍というのは普通にあるので、少ないお金でもトレードをスタートできます。

レバレッジ500倍ですと、1000通貨取引する際の証拠金はたったの217円。

このように高いレバレッジを活用して資金を高回転させ、短期間で大きくすることも可能です。

取引コストが安い

財布FXはスプレッドという取引コストがかかりますが、米国株式ほどのコストは必要ありません。

ただし、出金の際に数千円の外国送金手数料がかかりますので、国内FXよりはコストが高いと言えます。

豪華なボーナスが付く会社がある

海外FXではボーナス制度を設けている会社があります。

例えばXMでは口座開設ボーナス3000円が初回口座開設時に自動的に付与され、入金していなくてもいきなり3000円分のボーナスを使って投資できます。

更に入金額に対して100%、50%の入金ボーナスがあり、入金した資金以上の証拠金でトレード可能です。

追証なしのゼロカットシステム

ゼロカットとは為替が急変し、口座の資金がマイナスになった場合、そのマイナス分をFX業者が補填し、口座残高を0に回復する仕組みのこと。

まりえ

これは国内FXにはないシステムで、海外FXならではのサービス。
これのおかげで安心してトレードできるのです。
海外FXのデメリット
  • スプレッドは国内FX以下の水準
  • 出金に時間がかかる

スプレッドは国内FX以下の水準

海外FXの場合、国内FX業者に比べてややスプレッドが広くなります。

これは海外FX業者が透明性の高い取引システムやスリップや約定拒否が起こらない環境を提供するためですのである程度は仕方がないことだと言えます。

出金に時間がかかる

海外FXは海外送金によって出金が行われますので出金に時間がかかります。
平均して5営業日くらいはかかると考えておいた方が良いでしょう。

対して国内FXは即日出金が可能ですので、急ぎで出金したい場合は国内FXの方が有利です。

米国株式は長期の積み立て、海外FXは短期投資で高回転を推奨

上記で書いたように、米国株式は取引コストが高いので短期投資には向いていません

その代わり1株ずつ購入できるので、毎月積み立てのように追加投資することでキャピタルゲインだけでなく配当によるインカムゲインも見込めます。

反対に海外FXは少額から投資できますが、ハイレバレッジでトレードするなら長期でポジションを持ち続けるのはリスクがあります。

なので、短期売買で資金を回転させて資産を大きくしていくのに向いています。

少額で始めたい人、ビギナーは海外FXがオススメ

米国株式と海外FXを比較してきましたが、少ない資金でスタートするなら初めは海外FXからが良いでしょう。

高いレバレッジを活かしてスキャルピングやデイトレで短期売買を行っていけばリスクを抑えながら資金を大きくしていくことができます。

海外FXに慣れてきて資産に余裕ができてきたら米国株に少しずつ積み立てて長期投資をしていくと良いのではないでしょうか。

XMなら3000円の口座開設ボーナスで自己資金0でも始められる

海外FXに初めてトライするならXMがオススメ。

XMはレバレッジ888倍というハイレバレッジも1つのウリですが、何といっても初回口座開設時に3000円分のボーナスが付与が魅力的!

ボーナスは現金化できませんが証拠金としては使えるので、あなたの資金を入金せずともトレードが始められます。

まりえ

3000円というと国内FXの感覚では何もできないイメージですが、レバレッジが888倍ですので結構トレードできてしまいます。

XMは少額でトレードできますし、同じ口座でCFDや仮想通貨の取引もできてしまいます。

まずはFXやCFDから始めて徐々に米国株式投資に挑戦していってみてはいかがでしょうか。

XMの口座を開設してみよう【わずか3分で簡単】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA