わたしが外為どっとコムに口座開設した理由を振り返ってみました。

あなたはFX業者の口座をいくつお持ちでしょうか?
わたしは国内FX業者は「外為どっとコム」、海外FX業者は「XM」の2口座のみを持っています。

おそらくこれは少ない方だと思いますが現時点では満足しています。

外為どっとコムに口座開設したのはかなり前のことになりますが、数あるFX業者の中からなぜこの業者を選んだのかを思い出してみました。

FXブーム真っただ中に業界最大手の外為どっとコムに口座開設した

PCのチャートを見つめる女性外為どっとコムの口座を取得したのはいつだったかと思い、調べてみたら2006年10月のことでした。

さらに、外為どっとコムのマイページを確認したところ、口座開設経緯の欄に「書籍」「資料請求」とありました。

どうやら口座開設の前に一度HPから資料請求して検討したようです。

記憶をたどってみるとFXに興味を持ち始めたのはマネー雑誌か何かだったと思います。

記事を読んでネットで調べ、比較サイトなどを見て「大手なら安心」ということや豊富な通貨ペアでのトレードを提供しているということ、1000通貨から取引できる点で外為どっとコムを最終的に選んだと記憶しています。

元手が多くないわたしにとって1000通貨単位でトレードできるなんて非常にありがたい業者でした。

外為どっとコムではデモ口座があり、口座開設前にデモ環境でトレードの練習ができる点も決め手となりました。

注文の操作を事前に試したり、注文してどれくらいの利益や損が出るのかを体験することができ、分からないことや不安な点を解消してリアルトレードに移行することができました。

他の業者に浮気しなかったのは情報量と使いやすさ

1つのFX業者で慣れてくると他の業者でもトレードしたいという風になってきます。

わたしが外為どっとコムに口座開設した当時はレバレッジ規制などがありませんでしたから、国内FXでも普通にレバレッジ200倍を提供している所も!

他に浮気することなく、国内は外為どっとコムだけの3つの理由
  1. 情報量の多さ
  2. スワップ金利だけを出金できる
  3. 即日出金

外為どっとコムの魅力といえば何といっても情報量の多さ

毎日配信されるレポートも充実していますし、オンラインセミナーもあります。

初心者のFXの勉強や情報収集は外為どっとコムのサイトで十分なほどです。

スワップ金利だけを現金化できる面も見逃せません。

ポジションを決済せずにスワップだけを振り替えられるので、そのまま現金で出金してもいいですし、そのスワップを使って新たにポジションを建ててもOKです。

私はメキシコペソ/円を外為どっとコムでスワップ投資用に保有していますが、スワップが貯まってきたらそのスワップ分を振り替えて、メキシコペソ/円のポジションを取り、追加投資をしています。

保有ポジションはそのままに、スワップでポジションを増やしていけるのは複利運用となるので非常にうれしいです。

即日出金OK

そのほか、資金の出金も即日出金ができ、これまで確実に当日中に出金されてきていますのでとても助かっています。

当日出金は海外FXではほぼ不可能ですので、このあたりのサービスの充実はフットワークを軽くFXを行う面では非常に利便性があり満足しています。

さらに、トレード画面が使いやすく、アプリも見やすいので他に移る理由がないのです。

外為どっとコムでは毎日トレードをすることはありませんが、朝一のレートチェックは外為どっとコムのスマホアプリで行っています。

ちなみにレビューで時々書かれているアプリが落ちる現象には私は遭遇したことはありません。

もしかしたらアプリが不具合を起こす現象が頻発していた時期はトレードをお休みしていたのかもしれませんし、外為どっとコムでは滅多に注文を出しませんのでたまたまトラブルには遭遇しないだけかもしれませんが、とりあえずトラブルなく操作できています。

それでも海外FXの魅力には勝てなかった

外為どっとコム一筋で投資してきた私ですが、ついに他の業者に口座開設し、そちらがメイントレード用の口座となりました。

それは「XM」。

なぜ、10年以上1つのFX業者しか使ってなかったのに急に海外FXに口座を開いたのか?

決め手は「取引方式」と「ゼロカットシステム」

XM

まりえ

国内FX業者はDD方式と言ってトレーダーの注文がそのままインターバンク市場に出されるわけではなく、FX業者のディーラーの判断で市場に流したり、トレーダー同士の注文を相殺しています。

この注文方式は自分自身の注文がきちんと市場に流れているのかどうかが分からず不透明ですし、これがFX業者による意図的なレートずらしやスリッページにつながります。

反対にNDD方式だと注文は直にインターバンク市場に流れます。

透明性の高いトレードができる点が信頼性が高く、レートずらしや不審なスリッページを心配する必要はありません。

外為どっとコムがやっているとは思っていませんが、レートずらしができてしまう環境には少し怖いなと思いました。

大きくわたしの心を動かしたのがFXの借金

トレードを失敗して青ざめている女性FXでは資金をすべて失わないように強制ロスカットがありますよね。

ですが、相場が急変するような状況では強制ロスカット注文が通らず、口座残高がマイナスになることがあります。

このマイナス分はトレーダーがFX業者に返す義務が生じます。

まりえ

これがレートずらしや不審なスリッページで起こったとしたら怖いな、と急に自分のお金が心配になりました。

海外FXでXMのようにゼロカットシステムを採用する業者なら、口座のマイナス分はFX業者が負担してくれ、トレーダーにとってはマイナスがリセットされる状態になります。

このような面から海外FXで口座を開設することを決意し、メイントレード口座はXM、長期トレード用口座が外為どっとコムになっています。

XMはややスプレッドに開きがあるためその辺は不利ですが、それでもハイレバレッジなので多少の値動きでも気持ち的に余裕をもってトレードできます。

国内FX+XMで十分トレード環境を整えられる

わたしは現在、外為どっとコムが長期投資・スワップ投資用口座、XMを短期投資用口座として分けています。

XMでは1アカウントあたり8口座まで口座開設が可能ですので、今後口座を増やす場合はXM内で増やすと思います。

今後はXMでスワップ用口座やトラリピEA用口座を開設しても良いかなと考えています。

外為どっとコムですが、引き続き長期投資用とスワップを複利でコツコツ運用していく口座として活用していきたいと考えています。

このように、わたしの場合は国内と海外FXを各1社で今の所足りています。

まりえ

性格の違うFX業者を分けて持っておくのはメリットがあったりリスクヘッジにもなります。

なので、好みの会社をあなたがが管理できる範囲で口座を開設しておくと良いと思いますよ(^_^)

XMの口座を開設してみよう【わずか3分で簡単】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA