GFF(グフフ)さんって?わずか2〜3ヶ月で10万円を6億円にしたその手法を検証

FXの伝説のトレーダーGFF(グフフ)さんの名前を聞いたことがありますか?

2010年頃に元手10万円をたった2~3か月で利益率なんと6000%!
6億円にした日本人トレーダーです。

まりえ

GFFさんはトレードをニコ生で生配信し、リアルに大金が積み上がっていく様を生放送していたことから人気者となります!
が、その後負けが込み、最終的に資産が30万円にまで減ってしまいます。

ここではGFFさんの軌跡と投資手法をご紹介しますね。

GFFさんの軌跡

  • 2008年 FXデビュー
  • 2010年5月 合計で約400万円の損失
  • 2010年5月 元手10万円から出直す ←ここから稼ぎ始める
  • 2010年6月 資産が4000万円に
  • 2010年6月26日配信 資産が2億4000万円に
  • 2010年7月2日配信 +8800万円の利益
  • 2010年7月9日配信 +1億2500万円の利益
  • このあたりで資産が3億2800万円となり、含み益も6億円に達する。
  • 2010年7月14日配信 -3億400万円

この後さらに負けが続き、最終的に資産が30万円となってしまう。

GFFさんが人気があった訳

GFFさんが生主として人気を博した訳は何といってもその豪快なトレードです。
1日のトレードで1億円も稼ぐところを生放送されたらそれは視聴者は画面にクギヅケになるでしょう。

しかし、ただ大きく稼いでいただけではそこまでの人気にはならないはずです。

GFFさんの人気に火が付いたポイントはコレ!
  • 最初は負けが続いていたこと
  • アルバイトで資金を貯めながら為替の勉強をしていたこと
  • 10万円からスタートさせて1ヵ月で4000万円にまで資産を増やした
  • トレードをすべて生配信で公開していた

10万円という誰にでもはじめやすい元手資金から始めたこと、生放送でエントリー、利確、損切りのタイミングをリアルに見ることができたことは視聴者にとっては単に面白いだけでなくトレードの参考にもなったことでしょう。

また、稼いでいる局面のみならず負けたときには配信者の心理状況が配信され、それはそれで人気があるものです。

GFFさんの場合、勝ち・負けどちらも大金だったので、余計に受けが良かったのでしょうね。

2010年7月14日 3億円ロスカット時の配信動画

GFFさんが3億円ロスカットに遭った時のニコ生配信が、現在でもYouTubeで見れます。

この時の保有ポジションはポンド/円のショート1万6000枚。
当時のレートで200億円分の取引でした。

これだけの大きなポジションが強制決済になったことでポンド/円が30pipsの急騰を見せました。

たった1人の個人トレーダーがポンド/円を動かすだけのチカラがあったことに驚きですが、2本目の動画で強制決済後にポンド/円が急騰していく様が録画されています。

GFFさんのトレード手法

それではGFFさんのトレード手法を見ていきましょう。

RSIブレイク手法

  1. その日のトレンドを日・4・1時間足を見てチェック。
  2. 10分足のローソク足チャートにRSIを表示。
  3. RSIにトレンドラインを引く
  4. トレンドラインをRSIがブレイクしたらエントリー(チャートの赤い矢印)。トレンドが曖昧な場合はトレード見送り。
  5. 利確はRSIが買いポジションなら80以上、売りポジションなら20以下になったとき。または直近高値を更新したとき。損切りはRSIが再びトレンドラインを下抜けした時。

窓開け窓埋めアノマリー

もう1つの手法がこちら。

トレードのアノマリーに「窓が開いたら窓は閉まる」というものがあるんですね。
FXでは特に月曜日の市場が開場した時に窓が開くことがあります。

GFFさんは窓埋めアノマリーを使って、窓が開いた方向と逆方向にエントリーをし、窓が閉まったら利確をしていました。

気を付けたいのは窓埋めはあくまでもアノマリーに過ぎないということです。
手法を真似して大けがしないように注意しましょう。

参考資料

GFFさんは、その日のトレンドを為替アナリストのレポートをチェックし、トレードに役立てていました。

主にチェックしていた2名のアナリスト
  • 吉田恒氏
  • 川合美智子氏

吉田恒氏

吉田恒の為替デイリー

国際金融アナリストで大手投資情報会社で代表を務め、2000年のITバブル崩壊や2007年の円安バブル崩壊など為替相場の大きな動きを的中させてきた人です。

現在では「吉田恒の為替デイリー」というブログを執筆しており、為替の動きを詳しく解説しています。

川合美智子氏

川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法

外国為替ストラテジスト。

中上級者トレーダーに非常に人気の高いブログ「川合美智子の為替相場と楽しく付き合う方法」は「トレード・トレード」というサイトに掲載されています。

GFFさんはプロのレポートを参考にしてトレンドを主観ではなく客観的に捉えていました。

ファンダメンタルズ分析は個人トレーダーには時間的制約や情報量などから難しいですが、この部分をプロの解説に頼ることでテクニカルのみに頼らずにトレードしていたんですね!

また、たくさんのレポートは参考にせず、参考資料を2人のアナリストのみに絞ってブレがないようにしていたことも特徴的です。

GFFさんの投資が成功した要因

GFFさんが6億円にまでしさんを増やしたのはGFFさんのトレード手法に秘訣があります。

それは

  1. シンプルな手法を繰り返すのみ
  2. トレンドの方向をプロのアナリストの情報と上位足で確認していた
  3. コツコツドカン、チキン利食いはナシと意識していた
というものです。

RSIというごくメジャーなテクニカル指標を使い、シンプルに順張りでトレードしていました。

また、トレンドの方向を日足などの上位足であらかじめ確認してからトレードに挑んでいたほか、アナリストのレポートも参考にしてチャートを客観的に見ていました。

そして、コツコツドカンにならないように、損切りをこまめに行い、逆にポジションを長くホールドして利食いを大きくとるようにしていたということです。

GFFさんの成功の秘訣はシンプルな手法を基本的なトレードルールを守ってひたすら繰り返していたこと。

GFFさんの失敗の原因

GFFさんの失敗の最大の原因は生配信であったように思います。

GFFさんはある時から損切りをあまりしなくなりました。

これまで損切りを徹底していたのが、生放送の視聴者の目があったせいか、損切りで損を確定させることなく、利益に転換するのを待つようになってきました。

また、配信者として多忙になったことで手法の検証をする時間を削られたり、視聴者のコメントでトレードの集中力を欠いた状態になったのでは、とも言われています。

レバレッジが高すぎたのも1つの要因です。

GFFさんの生放送は大きな枚数で大金を稼いでいくスタイルが人気でしたが、その分ハイレバレッジでトレードしていました。

ハイレバトレードでは損切りが最も重要。
けれども損切りをしなくなっていたため、大きなポジションが強制決済となったわけです。

レジェンドGFFさんのまとめ

GFFさんは結果的に大金を失ってしまいますが、たった3か月で10万円→6億円にしたのは紛れもない事実。

シンプルな手法と損切りを繰り返すことで資産を積み上げていったトレード手法と、途中から損切りと検証を怠り大金を失ったGFFさんのトレードを参考にてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA