ハイレバは危険?レバレッジについて改めて勉強しよう。

FXでは手持ちの少ないお金(証拠金)にレバレッジをかけて、自己資金の何倍もの為替トレードを行えますよね。

「てこの原理」からとって「レバレッジ」と呼びます。

今回はFXのレバレッジを学んでいきましょう(^o^)

レバレッジってなあに?

通常の外貨預金だと100万円の日本円で100万円分の外貨を購入し、運用しますよね。
このケースは、レバレッジ1倍。

これが例えばレバレッジ10倍だと、同じ100万円でも10倍の資金を運用できるので、1000万円分のトレードができるんです!

レバレッジ1倍とレバレッジ10倍の証拠金と取引額の比較

レバレッジをかけることで手持ちの金額の何倍もの資金をトレードできます。

そのレバレッジを使って資産を増やせるのがFXの特徴。

例えば1ドル=100円の時に1万通貨のトレードに必要な証拠金はレバレッジ別に以下をご覧ください。

レバレッジと必要証拠金の一覧

国内FXは最大レバレッジは25倍までと規定されている

国内FXではどの業者も最大レバレッジは一律25倍です。

海外FXはレバレッジの規制なし

なかには最大レバレッジ1000倍の業者も存在します。

10万円の資金だと国内FX会社では最大250万円までのトレードしかできませんよね。

でもレバレッジ1000倍の海外業者なら10万円の資金で最大1億円のトレードが可能なんです(*^^*)

海外FX業者として人気のXMはレバレッジ888倍ですので、10万円の入金でおよそ8000万円のトレードが!

レバレッジを利かせるほどその分大きな資金が動かせますのでたった1銭の動きで大きな利益を生むことができます。

逆を言えばたった1銭の動きで大きな損失になりますので数秒足らずで大きく損をしてしまうリスクもあります。

ハイレバレッジになればその分ハイリスクになることは知っておきましょう。

XMの口座を開設してみよう【わずか3分で簡単】

実効レバレッジを計算して、レバレッジをコントロールする

電卓とノートに文章を書いている女性国内FXの場合最大レバレッジは25倍に規定されていますが、必ずしも25倍のトレードでなくてもOK。
レバレッジ1倍でも構いません。

実際のトレードでは最大レバレッジではなく、実効レバレッジが大切になってきます。

実効レバレッジってなあに?

現在の取引額に対する資金のパーセンテージのことを指します。

実効レバレッジの計算式
実効レバレッジ=取引額÷有効証拠金

実効レバレッジが低くなるほどリスクが下がります。

なので、資金を追加入金して証拠金を増やす、またはポジションを減らして取引額を減らすと実効レバレッジを下げられます。

口座に入金した資金に対してのポジション量をチューニングして実効レバレッジをコントロールしましょう。

あなたに合った安全の範囲で取引を行うことが大切です。

レバレッジ888倍は本当に危険なのか?

FXのチャートよくハイレバレッジは危険、低レバレッジは安全ということを目にします。

そんな中、海外FXで人気のXMのレバレッジは888倍とハイレバレッジのトレード環境を整えています。

ハイレバの方が安全なケースも

ハイレバレッジが危険かどうかは結論から言えば考え方によってはハイレバレッジの方が安全な場合もあります。

ドル円10万通貨では1ドル=100円の場合、国内FXのレバレッジ25倍では必要証拠金は40万円です。

実際に安全に取引をしていくなら余裕をもって多めに資金を入金していく必要がありますが、そのことは抜きにして考えても、取引中は40万円の資金は担保として拘束されることになります。

XMのレバレッジ888倍ですと必要証拠金は11,260円です。
1万2000円程度で10万ドル=1000万円もの資金を動かせるのです!

たった1~2万円で大きな額をトレードするので、勝つときは大きく勝てますが、負けるときも大きいです。

上手にコントロールできればよいですが、知らなうちにポジション量が多くなると実効レバレッジが高くなり、リスクが高まります。

ハイレバレッジで危険なことは、コントロール不能なほどポジションが膨れ上がり、過剰なレバレッジで取引してしまう、ということ。

きちんとコントロールしていれば特に問題はないのですが、ハイレバであるが故にポジションはたくさん持ててしまいます。
トレードの許容範囲を知っておかないと危険となるのです。

証拠金やロスカットのことを考えるとハイレバの方が安全?

先にも書いた通り、国内なら10万通貨のトレードには40万もの大金を用意しなくてはいけません。

一方、レバレッジ888倍では1万2000円程度しか拘束されませんので、自己資金が担保になる額が少ない面では安心です。

また、通常であれば資産が一定まで落ち込んだ場合、強制ロスカットでポジションを決済されます。

けれども最悪の場合、強制ロスカットが円滑に行われず資産がゼロになってしまった場合も国内FXでは40万円もの資産を失うのに対して、レバレッジ888倍のXMで失う額はわずか1万2000円です。

ハイレバレッジでは担保となる自己資金が少なく、最悪失う自己資金も少額で済みます。

実効レバレッジの項で解説したように実際のトレードでは最大レバレッジまでかける必要はありません。

あなた自身が安心できるポジション量でトレードしましょう。

するとトレード中の実効レバレッジは、最大レバレッジよりも低くなります。

最大レバレッジが高いということはポジションが耐えられる状態が長いということをメリットとして考えることもできます。

担保として入金する自己資金が少ない面ではハイレバレッジの方がかえって安全なのではないでしょうか。

ポジション管理をしっかり行っていればハイレバレッジでも安全

電卓と男性ハイレバトレードも可能な海外FXで危険なパターンは、どんどんポジションが取れてしまうため、気づかないうちにコントロールを失うこと。

ハイレバレッジの業者であっても、低レバレッジの国内FXであっても、実効レバレッジをきちんとチェックして、あなたにとって安全なレバレッジでトレードしましょう。

ハイレバレッジの海外FXでも実効レバレッジが低ければ低リスクでトレードすることは十分可能です。

少額でトレードしたい人は特に積極的にチャレンジしてみると良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA