海外のFX業者の口座開設するメリットとデメリットはなあに?

FXの通貨取引とは例えば日本円と米ドルといった組み合わせで、片方を軸として売り買いとするもので、この組み合わせは通貨ペアと呼ばれます。

実際には米ドル/日本円(USD/JPY)であり、もし円安になると考えれば米ドルを買い、逆に円高になると考えれば米ドルを売るといった形で取引を行うものです。

一方でこれらは証拠金を預けて行うため、日本円ではじめたとしても「円を売る」といったことが可能で、このあたりが外貨預金とは異なります。

証拠金取引のレバレッジについてわかりやすく説明します。

日本国内だと最大25倍の証拠金で取引が可能です。

つまり、30万円の証拠金があれば25倍のレバレッジで750万円ものお金を動かせるということなんです。

このことから実際に投じる現金と比べて、得られる損益が大きいのが特徴の金融商品です。

さあ、どこのFX会社に口座を開設しようかな?

このときの選択肢としては、国内FXと海外FXがあり、安全性や利便性を考えれば国内FXが無難です。

けれどもわざわざ海外FX業者に口座を開く人たちが数多くいるワケは、国内のFX以上に有利であり魅力的な側面も多いからなんですね。

海外のFX口座を開設するメリット

海外のFX会社の口座の特徴はさまざまですが、開設のメリットとしては国内よりも規制が緩やかであること、ユーザーにとって有利な設定がなされていることです。

規制に関しては、レバレッジの面が大きいですね。

国内のレバレッジ上限

  • 個人では25倍が上限
  • 法人でも100倍

海外FXのレバレッジ

個人でも100倍以上で中には800倍といったところもあります。
つまり、より少ない金額で取引することが可能になってくるわけです。

資金が少ない人にとっては、一攫千金を狙えるチャンスがあるとも言えますね(^o^)

ゼロカットシステムによりユーザーは守られている

レバレッジが高くなると、それだけリスクも高くなりますが、このリスクも吸収する仕組みも整えられており、それがゼロカットシステムになります。

証拠金取引では証拠金に対して保持している建玉の評価額によって維持率が算出されています。

なので、それが100%を超えている場合は、それだけ買い付けに余裕があることですが、100%になると損益がゼロとなり、これを切るとすべての建玉を処分すると証拠金がマイナスになるものです。

さらに0%を下回ると負債を背負う状態になります。

国内FXでは100%や50%といった基準でロスカットされるのでマイナスになる可能性は極めて小さいものですが、もしマイナスが発生すれば、それは負債として業者に返済することが求められるものです。

証拠金維持率が100%を切ると追加の証拠金を求めたり、自動的に決済するロスカットが行われます。

ですが、ゼロカットシステムを導入していれば、0%にならない限りロスカットは行われません。

また、0%以下になっても、その分の負債はFX業者が負うことになるので、借金を抱えるというリスクがないのです。

ただ実際に0%になるまでに証拠金を足せばロスカットすることを防ぐことができますから、相場が戻るのを待つといった面でもこのゼロカットシステムが採用されているのは有利なものになります。

ただし、ゼロカットシステムは何度も使えるものではなく、1度きりといったケースがほとんどですが、仮にFX取引に失敗しても1回だけはリセットすることができるメリットがあるものです。

いずれにしても強制的に損失されるリスクが海外FXでは低いのが大きなメリットといえます。

海外のFX口座を開設するデメリット

このように取引をする上ではメリットの多い海外FXですが、開設のデメリットとしてトラブルの対応が難しいことです。

海外FXでも多いトラブルが出金できないというもので、せっかく取引を利益を上げてもその利益を使うことができないといったケースがみられます。

送金に関してはクレジットカードやオンラインウォレットなどを用いて比較的簡単に行うことが可能ですが、出金に関しては海外送金という形になるものです。

このため出金手数料が割高で、2500円から4000円というケースも珍しくありません。

オンラインウォレットを使えば手数料を大幅に抑えることができます。
これらを利用するための会員登録が必要ですので、あらかじめ作っておくと良いでしょう。

もし出金トラブルに遭遇したら、どこにエラーがあるのか落ち着いて見極めましょう。

手順を踏んできちんと行えば必ず出金できますので、その点は安心してください。

出金ルールをややこしくしているのが入金ボーナスの存在

入金ボーナスは、入金した金額に対して余計に取引できるだけの金額が加算されるシステムになります。

ただし、このボーナス分は出金することができません。

このためボーナス分を差し引いた金額が出金できる金額となり、ボーナスの割合が多いと出金できる金額が小さくなってしまいます。

また海外FXでは、国内FXとは異なって身元がよくわからないような業者も存在しているのもデメリットで、トラブルが起こっても対処のしようがありません。

【まとめ】リスクを許容しても海外FX口座で取引するメリットは大きい

上記のように海外FXでは一定のリスクが存在するのは事実ですが、それを上回るメリットを享受できることもまた真実です。

業者を見極めて優良な海外FXであれば国内FXよりも有利に取引をすることができますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA