モーモーミルク界の伝説に迫ってみました。

FXで何千万円、何億円儲けたトレーダーや一瞬で何千万円も失ったトレーダーはネットでも伝説になります。

まりえ

個人投資家の伝説ともいえるトレードは今ではネットで実況中継のように見れますよね。

2015年のスイスフランショックで有名になったのが「モーモーミルク界」という謎の主婦トレーダーです。

ここでは強烈ともいえるモーモーミルク界さんの常人離れしたトレードを振り返ってみましょう。

モーモーミルク界を有名にしたスイスフランショックって何?

モーモーミルク界さんを一躍有名にしたのが2015年1月15日の日本時間の夕方に起きたスイスフランショックです。

スイスフランショックは1月15日にスイス中銀がこれまで行ってきた対ユーロ介入に対して、「これ以上の介入はコストを負担できないので、永続的には介入しないことにした」と発表したことで起こりました。

もう少し詳しく説明します。

ユーロ/スイスフラン日足チャートを見ると分かる通り、ユーロ/スイスフランはスイスフランショック以前はあまり値動きがなく、いわゆる「ヨコヨコ」の動きをしていました。

まりえ

というのも、ユーロ/スイスフランは1ユーロ=1.2000フランに近づいてくるとスイス中銀が介入を行っており、それ以上は下降しない状態でした。

投資家もそれを知っていて、「絶対に1.2000を下抜けないため、ユーロスイスフランが下降してくるときにナンピン買いを行い、1.197あたりに一応損切り注文を置いて1.2000付近で跳ね返されて上昇したところで利確をしていました。

あるレートより下には絶対に下降しないなら安心して買いに出ることができますよね。

ユーロ/スイスフランも中央銀行が介入によりレートを下支えしてくれるのでこの手法は「聖杯」と呼ばれていました。

まりえ

しかし、スイス中銀の発表直後に1.2000はあっさりと下抜け、たった20分間で3800pipsの大暴落をして1ユーロ=0.82フランまで急降下しました。

スイスフランショックで大暴落この下落でユーロ/スイスフランは短時間で40%もの下落しました。

これをドル/円に置き換えると1ドル=100円だったのが一瞬で1ドル=60円になってしまったことと同じです。

想像を絶する急落が現実に起こってしまったのがスイスフランショックです。

多くのトレーダーは自分で置いたストップロスで損切り、最悪でも強制ロスカットになって終わりだと思っていました。

しかし、余りの値飛びにロスカット注文は通らず、強制ロスカットも注文が通らない現象が続出。

口座残高がマイナスになってしまったトレーダーが多くいました。

そのような状況の中、ショートで大勝ちしたのがモーモーミルク界さんなのです。

彼女(彼?)の場合、年末に200万円入金し、スイスフランショックで2800万円まで資金を増やしています。

スイスフラン/円日足そして、スイスフラン/円が暴騰したタイミングにショートで18円の利幅を一気に取り、2000万円稼ぎました。

その後のトレードでなんと2800万円まで資産を増やしてしまいました。

これだけだったらただのラッキーな人なのかもしれませんが、モーモーミルク界さんはその2日後にこの資金を3500円にしてしまいます。

その後もどれだけお金持ってるのかという勢いで追加入金をしては資金を溶かすということを繰り返すという破天荒なトレードを繰り広げます。

そんな強烈なトレードが人気を集め、2ちゃんねるでファンクラブまでできてしまったのです。

モーモーミルク界さん年表

2014年7月
FXデビュー 400万円入金
11月
資金をすべて溶かす
11月末
500万円程入金→2週間ですべて失う
 
12月
200万円入金
2015年1月15日
スイスフランショックで2800万円にする。
1月16日
ハイレバレッジで挑むもののロスカット。
2回目は追証発生で口座残高がマイナス100万円に。

その後追加入金をして再挑戦するがロスカットを5回も食らってしまい、資金が3500円になる。

1月18日
70万円入金し、14連勝。

週の半ばまでに資金を4倍の300万円にするが、金曜日に強制ロスカットで20万円にしてしまう。

1月26日
200万円入金し、その日の午後に160万円のロスカット。

ユーロ/円、NZ/円で損失を出し、口座残高が5万円に。

週末に5万円出金。
残金900円に。

ここでモーモーミルク界さんのトレードは一旦途切れます。

たった半月のことですが、スイスフランショックからの破天荒な全力トレードが話題を呼び、モーモーミルク界さんのファンが大量に発生します。

モーモーミルク界の復活

そしてしばらく姿を現していなかったモーモーミルク界さんが2015年6月29日に復活します。

この日はギリシャショックと言われ、ギリシャのデフォルト危機が本格化し、日経平均株価が596円安となった大荒れの相場でした。

このような大荒れの相場に復活するモーモーミルク界さんはますます伝説化します。

その後以前と変わらない全力トレードを見せますが、8月24日の急落でポジションは強制決済。
その後モーモーミルク界さんは姿を現していません。

モーモーミルク界さんの魅力とは

謎モーモーミルク界さんの魅力は豪快かつ破天荒なトレードとその謎めいた人物像です。
一応、30代主婦という設定になっていますが、実は違うのではとも。

主婦という設定なのに強制ロスカット直後に大金を入金してすぐさま最大レバレッジに近いレベルでの全力トレード、そして全額を失いすぐに入金する…。

ユーロやオセアニア通貨、2015年夏頃には南アフリカランドのようなボラティリティの高い通貨を個人トレーダーにはなかなかできない枚数のポジションを一気に取ったり…。

そのネーミングセンスといい、常に全力トレードをする姿勢といい、なかなか常人にはできないことをやってのけます。

調子よく利益を重ねていったかと思えば急に寝落ちしたのか、やる気をなくしたのか、ポジションを放置してしまって多額の損失を被るなどトレードの根拠が読めないところも話題をかっさらっていました。

モーモーミルク界さんのその後は?活躍をまた見てみたい

2015年にFX界に旋風を起こしたモーモーミルク界さんですが、今はどうしているのでしょうか。

モーモーミルク界さんのトレードの成績が公開されていたヤフーファイナンススタジアムは2017年7月にサービスを終了してしまい、その後の足取りをたどることができません。

モーミルク界さんには再びネットに降臨して豪快なトレードを披露してもらいたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA