FXなぜ逆に動く?

赤ん坊ビックリ

「FXでエントリーすると価格が逆方向に動いてしまう」
「自分がエントリーするとその瞬間から逆行する」

あなたもきっとそんな状況になったこと、ありますよね?

誰かがあなたの注文を見て意地悪しているんじゃないかと思うほど、エントリーした直後に相場が逆方向に動く。

実は多くの人が体験していることです。

そこで、なぜエントリーすると逆に動くのか考えてみましょう。

逆張りでトレードを行っている

チャート。上がるか、下がるか。日本人は傾向として逆張りトレードを好みます
行き過ぎたものはいずれ正常な状態に戻るはずだ、と考えやすく、FXでも逆張り傾向にあります。

なので多くの日本人トレーダーは、トレンド相場よりもボックス相場の方が好きです。
そして、ボックスで有効なボリンジャーバンドも好きなんですね。

いかがですか?
少し思い当たるはまるフシがあるのではないでしょうか。

要するに、トレンド継続中なのに逆張りでエントリーしてるので、相場はトレンド方向に動き、エントリー方向とは反対になってしまうんですね。

逆張りをやめてみる

問題解決のカギは、逆張りを一旦止めてみること

順張りでトレードすることをルールにして、慣れるまでは順張りのみエントリーすることで意外とあっさり解決するようになります。

まりえ

ボリンジャーバンドでボックス相場の終了の傾向を見る方法はいくつかあるのですが、わたしの経験上、結構難しいです。

逆張りは失敗しやすいので基本的にしないですが、ボリンジャーバンドで逆張りトレードを行うときには最後の1回はダマシに遭う覚悟か、兆候が現れたら早めに切り上げるかをしています。

ドル円5分足チャートにボリンジャーバンドを表示こちらはドル円の5分足チャートにボリンジャーバンドです。
揉み合いの終了を見極めるのは割と難しいですよね。

揉み合いの末期にはバンド幅が収縮し、トレンド開始と同時にバンド幅が拡散していきますが、収縮が分かりやすい時と、このチャートのように分かりにくいケースがあります。

このため、逆張りでトレードを行うときは損切り注文を置いた上で、早めにトレードを切り上げた方が無難です。

値ごろ感でトレードしている

スマートフォンを操作する女性エントリーに対してしっかりとした根拠がなく値ごろ感でトレードしてはいないでしょうか。

ここまで下がったらもう上がるだろう、そろそろ反発するはず…。

これも逆張りですが、値ごろ感により逆張りで買いを入れたらさらに一段安になった、ダブルボトムにやられた、というのは初心者のうちによくやってしまう失敗です。

特にセリングクライマックスのような急激に下がる相場で値ごろ感で買いを入れたら上昇しないまま、また急落したということはよく起こります。

このような値ごろ感でトレードすることによる逆行の解決方法はシンプルです。
相場研究と実戦をたくさん積むことです。

あなた自身のエントリーのルールを作り、そのルールの下で点灯したシグナルに従ってトレードをします。

もちろん、すぐに上手くはいきません。
でも、ここで値ごろ感による曖昧なトレードに戻ったらダメ。

あっという間に逆行の繰り返しに戻ってしまいます。

ルール通りに実戦を積んでいけばトレードスキルは確実にアップしていきますので、頑張って経験を積んでいきましょう。

あなたにフィットする時間軸でトレードしてない

まりえ

わたしの場合がそうでした。
エントリーして、その直後は思い通りに動くけど、30分後、1時間後には逆行してしまう。

きちんとテクニカルでエントリーポイントを見ているのに、どうしていつも逆行してしまうのだろう?
という悩みをずっと抱えていました。

分析手法が悪いのだと思い、色々な手法を試してみましたがどうもうまくいかず、エントリーしてしばらく経つと逆行してしまう、という現象から抜けられないでいました。

しかし、ある時トレード期間が自身と合っていないことに気づきました。
逆行を繰り返していた当初はデイトレ~スイングくらいの短期~中期投資でした。

しかし、それで得るものは損切りの山と大量の塩漬けポジションです。

自分に合った時間軸を見つけた

そんな中、偶然ですが自分にはスキャルピングの方が合っていることに気づいたのです。

そのきっかけとなったのがバイナリーオプションです。

バイナリーオプションにほんの少しだけ、デモトレードと数回のリアルトレードだけですが、挑戦したときに、期限15分のトレードでは負けまくったんです。

エントリーした瞬間は、思惑通りに動くのに、15分後は逆行している。
勝率が悪すぎて泣きそうになりました。

しかし、ある海外バイナリーのデモトレードで1分でやってみると見事に連勝するのです。

デモだから勝ったのかもですが、これは大きな発見でした。

まりえ

自分はエントリー後数分でポジションを閉じた方が上手く行く。

そう思って、スキャルピングに有効なトレード手法を少し勉強して、もう一度FXを超短期トレードで再挑戦したら少しずつ上手く行ったのです。

人が「初心者はこの手法がオススメ」と言っても、それが当てはまらないことはたくさんあります。

なので、今、中長期でトレードしているなら一度短期トレードを、今短期で上手く行かない人は一度中長期でポジションを取ってみると意外にハマることがありますので試してみる価値はアリです。

以上のように、分析とトレードの時間軸が合っていないケースがありますので、わたしのようにトレードスタイルを見直すか、反対に分析に使う時間足を見直して調整していきましょう。

逆行は目立って見える

失敗ポジションを持つと「いつも」逆行してしまう!と思うかもしれませんが、それは錯覚の可能性もあります。

人間、どうしても失敗が目立って見えます。

実は予測通り動いている時と逆行したときの割合は同じかもしれません、
でも、失敗は目立って見えるため「いつも」逆行している、と思ってしまうのです。

そのようなバイアスが取れたら、意外と自分のトレード成績がいいことに気づくかもしれません。

トレード成績を冷静に見つめるためにも成績をExcelに付けていくのも一つの手です。

逆行に遭わないためには相場を学ぶことが大切

エントリーしたら相場が逆行してしまうことについて解説してきました。

逆行してしまう原因は色々あると思いますので、思い当たることがあったら1つずつ解消していってください。

そして、何といっても相場を学ぶことで逆行は防げます。

特にテクニカル分析、エントリーのタイミングを実戦を交えながら研究していくとダマシに遭う確率もグッと減ってきます。

リアルが心配なら、デモ口座を活用してどんどん試すぎゃkのがオススメ(^_^)

トレンドラインの正しい引き方を解説。ヒゲはどうするの?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA