勝てないならリスクリワードを固定してみれば?

リスクリワードとは簡単に言えば利益と損失の割合のことです。

利益を大きくして損失は抑えることが投資を成功させる最大のポイント。

ですが、「損小利大」を実現するには利益と損失の割合をしっかりと理解して、かつその割合をしっかりと守ってトレードに臨んでいるかが肝心です。

その利益と損失の割合を表したものがリスクリワードです。

リスクリワードってなあに?

リスクとリターン

まりえ

リスクリワードは利益と損失のバランスのこと。
損失が100円、利益が100円の場合、リスクリワードは1:1ですね。

そして、損失が50円、利益が100円ならリスクワードは1:2となります。

損小利大」という言葉は聞いたことありますか?

FXで利益を出したいなら、損失よりも利益が大きくなることを意識してトレードをすることが大切です。

トレードをしているとどうしても感情が働き、損切りがなかなかできなかったり、利益確定を焦って早めてしまい、損大利小になってしまいがちです。

そこで、リスクリワードを固定してみることで感情に流されずに損小利大をシステム的に作り出せます。

勝率が高いのになぜ利益が出ないのか

疑問に思う女性FXで勝率80%というととても成績が良く、儲かっているように思えますが、実は必ずしもそうではありません。

勝率が高くても必ずしも儲からないワケ

例えば勝率80%で勝った時の利益が平均20pips、負けたときの損失が平均100pipsだった時の場合を考えてみます。

リスクリワードの考え方でこれを表してみると「5:1」となり、10回のトレードで8回勝ったとしても、たった2回の負けで損失の方が利益より大きいことになります。

コツコツと利益を積み上げてきたのに、1回の大負けでこれまでの利益をすべて失ってしまった、という経験はないでしょうか。
それがこのケースです。

しかし、逆に勝率が20%しかなくても、リスクリワードが「1:5」であれば利益を出せるとも言えますね。

リスクリワードを固定する

まりえ

これは、利確と損切りの幅を固定してトレードすること(^_^)
エントリーしたら+100pipsで利食い、-100pipsで損切りします。

もちろん、利食いと損切りの比率は自分に合うように変えて構いません。
重要なのは、固定した比率で死守するということ。

これを徹底していくだけで、極端な負けを減らせます。

トレードでは感情が入りますので、利益が少ないところで利確したり、損失が広がってしまってどうしようもないところで決済したりします。

いつも同じ幅でポジションを閉じないため、バランスが崩れて総合的に負けることになります。

リスクリワードを固定するとエントリーに慎重になる

FXトレードする女性このメリットの一つに無駄なエントリーを減らせる点があります。

リスクリワードを固定してトレードすると、エントリーした地点から損切りの位置、利確の位置を想定しするので、その後の為替レートの動きを十分に想定するようになります。

このようにちゃんと固定した場所で利確できそうかを考えてからポジションを実際に取ることになりますので、気軽にエントリーができなくなり、ポジポジ病を防げます。

よく考えずにポジションを持って失敗した経験がある人は多いですよね?

リスクリワードの固定を意識してトレードすると、意味のないエントリーが格段に減り、エントリーした理由も明確に。

リスクリワードは大きければ良いというわけではない

1万円札に乗っている女性利益を大きくするにはどうすれば良いのでしょうか?

例えばリスクリワードを1:10にすれば勝率がかなり低くても総合的に勝ちとなります。

しかし、実際にトレードしてみるとリスクリワード1:10のトレードというのは現実的になかなか難しいものがあります。

なぜならリスクリワードの目標値を大きく設定すると今度は利益確定まで時間がかかることになり、精神的なストレスがかかり続けることになります。

また、1勝9敗でも大丈夫だとしても実際のトレードで9連敗したとき、冷静に耐え続けることができるでしょうか。

負けが続くとどうしても手法を変えたくなったり、取り返そうとしてポジションを増やしたりしてしまいがちです。

ルールを破ってしまうという投資で最もしてはいけないことに突き進んでしまいます。

リスクリワードを高く設定するのは超上級者向けです。

まずはリスクリワード1:2を目標にする

1:2

まりえ

リスクリワードの理想は1:3と言われています。
1:3の場合、勝率25%で利益が出ます。

ですが1:3ですと利確まで時間がかかり、ポジションを持っている時間が長くなってしまいます。

上の項でも解説しましたが、なかなか利益確定できないのは想像以上のストレス。

そのため、リスクリワードを固定してトレードするというルールを守れなくなる恐れがあります。

そこで、最初のうちはリスクリワード1:2を目標にトレードしていきましょう。

1:2なら勝率4割ほどでも利益が出ますので、まずは1:2で固定し、その後1:3へと近少しずつづけていけば良いです。

あなたに合ったリスクリワードでトレードしよう

FXはどうしても勝率ばかりに目が行きがち。

確かに勝っているはずなのに思うように利益が出せていない…そんなときは「リスクリワード」の考えを取り入れてみましょう。

決めたルールに従ってトレードをしていくことがFXで利益を出していく上で大切ですが、利益が出せない状態が長く続くと気持ちが揺らいできます。

そういうときこそ、あなたが利益を出しやすいリスクリワードと取引の勝率の妥協点を探し出すことが大切になってきます。

時には手法を見直して、設定したリスクリワードに近づけやすい手法を選択することで好成績に近づけていくことができますので、色々試してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA