海外FX業者の信託保全の内容を比較してみました。

海外FX業者を利用して効果的にFXトレードを行おうという人が非常に増えています。

日本国内の証券会社などが提供するFXサービスに比べて、レートを効率的に利用することができるものとなっているほか、中立的な立場からそれぞれの通貨に対して投資を行うことができるため、投資効率が高いことがその理由です。

しかし日本の金融事情とは異なり、その地域の金融事情や保障制度などを熟知していないと、思わぬトラブルを招くことになるため注意をしなければなりません。

その中でも信託保全は非常に重要な項目となっています。

その保全範囲を十分に把握しておかないと、大切な資産を無駄に失うことになったり、過剰な投資を行って挙句に資産を損失するなど大きな問題を抱えることになりますよ。

そのため、その内容については十分に確認し理解をしておくことが必要となります。

信託保全の中で意識すべき4つのこと

日本だと金融商品取引法やその他のさまざまな法律での規制があるため、その厳しい規制に適合した場合しかFXの取引を仲介してはいけないことになっています。

ですが海外では法律がそれぞれの国によって異なるため、問題を引き起こす危険性のある会社がFXサービスを取り扱っている可能性も捨てきれませんね。

すると、法外な手数料を請求されたり、投資で得た利益の大半をその会社に搾取されたりといったトラブルが発生することも多いものです。

その国の金融ライセンスを十分に理解する

具体的にどのような形で運営をしているのかを十分にチェックすることが必要となります。

また違反した場合に国やその他の団体からどのような処罰を受けるのか、さらには投資に対する補償なども十分に理解をしておかなければなりません。

分別管理

分別管理は様々な金融商品や個人情報を分離した形で確実に管理する仕組みのことで、実際のお金の流れを透明にする意味でも非常に重要な要素ですが、海外の会社ではこの辺が曖昧になっているケースも少なくありません。

そのためいつの間にか自分の口座の金額が目減りしていたり、投資に対する利益が搾取されていたりといった問題が発生することも多いのです。
この点も十分に意識することが必要となります。

ベイルイン

海外の金融会社の多くは、不安定な国の経済状態のために経営破綻など様々なトラブルを発生させることも少なくありません。

ベイルインは金融機関の経営状況が落ち込んでいる際に、その際の投資家の資産を守るためにそれぞれの国の金融当局がその事業に介入し、債権の原本を減額したり、株式に転換するなど様々な措置を行うことを指します。

このベイルインの仕組みが導入されているかどうかも十分なチェックポイントとなっているのです。

投資家補償基金

投資家を保護するために設けられている制度ですが、この制度に加入しているかどうかも非常に重要なポイントです。

急激に状況が変化し、金融会社が経営破綻する事は意外と多く、その際に投資家の投資が全てパーになってしまうことも実際には多いのです。

日本の場合はこれらが金融庁によって管理され法的な措置をとることも多いのですが、海外の場合には投資したお金は全て保障されないと言う場合も多いため、その実態を知らずに投資を行った場合全ての資金を失ってしまう場合も。

そのため万が一の際にこれを救済することができる投資家補償基金に加入していることも重要な要素となります。

まとめ

海外のFX業者を利用する際には、そのトレーダーの所属する国により金融の様々な状況を客観的に判断することが必要です。

日本のような国がしっかりと管理をし法律で定められた範疇の中で安定的な運用を行っている場合は特に問題とはなりません。

けれども海外のFXトレーダーの多くは自らが高い利益を得ることを考えている場合も多く、そのためにより多くの投資を募り、その投資で得た利益を十分な配当を行なわずに自社の利益にしているケースも少なくありません。

このようなトレーダーに投資をする事は自らの資産を失ってしまうことになるため十分に注意をすることが必要で、そのためには様々な信託保全の内容に関し把握しておきましょう。

国によってはこれらの信託保全が十分に確保していないケースもあり、大きなリスクを伴うこともあるので十分に注意をすることが大切です。

日本に対して高い信託保全を維持している国は非常に少ないため、基本的には日本のFX対応会社を利用するのが最も安全ですが、その反面手数料等利回りも低いことになるため、海外FX業者を使うならきちんと信託保全をチェックしてからトレードをスタートさせましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA