XMのMT4サーバー確認の手順を解説してみました。

まりえ

XMではMT4/MT5へのログインの際に口座ID、パスワードの他にサーバー番号を入力しなければいけません。

サーバー番号は口座ごとに割り当てられ、人によって違いますので口座開設時に送られてきたメールを保管しておかなければなりません。

しかし、該当のメールが見つからないときやそもそもMT4/MT5のサーバーリストに該当のサーバー番号が取得されていないことってありますよね?

そんなログインできないときの解決法をご紹介します。

サーバー番号は口座開設時に送付されるメールに記載されている

口座開設したときにXMから送られてきたメール、残ってるでしょうか?
サーバー番号はそこにに載っています。

口座開設時にXMから送られてくるメールこのようなメールが口座開設時に送られてきているはずです。
口座IDとサーバー番号が記載されているメールですので大切に保管しておきましょう。

会員ページでもサーバー番号を確認することが可能

サーバー番号は会員ページでも確認することができます。

会員ページの口座番号の矢印をクリック会員ページにログインし、マイアカウントの概要欄の口座番号一覧から調べたい口座番号の横の矢印を展開させます。

口座ごとの概要記載。サポート名も。ここには口座番号ごとの概要が書かれています。
2段目にサーバー名が載ってるのでチェックしてくださいね。

MT4/MT5でサーバー名が見当たらない場合の対処法

「サーバー名は分かるけど、ログインウィンドウにサーバーが表示されない!

お困りですね?
ログインできないですね(T_T)

これまで普通にログインできていたのに急にサーバー名が一覧から消え、ログインできなくなる場合もありますので対処法をご紹介します。

対処法は2つ
  • MT4/MT5にサーバーを一括取得する
  • 該当するサーバー名のみを取得する

一般的で簡単な方法は上の一括でサーバーを取得してしまう方法です。

けれども人によってはログインウィンドウをすっきりさせたいので、自身の口座のあるサーバーのみを取得したいケースもあるでしょう。

どちらかあなたに合った方法でやってみてください。

また、一方のやり方で試してみても上手く行かなかったときは、もう片方の方法で試してみると上手く行く可能性があります。

MT4/MT5にサーバーを一括取得する

MT4/MT5にXMのすべてのサーバーを一括で取得してしまう方法です。
実際にこの方法が一番簡単なやり方です。

手順1
デモ口座の申請
「メニュー」タブの「デモ口座の申請」をクリックする。

「メニュー」タブの「デモ口座の申請」をクリック

手順2
検索

「デモ口座の申請」ウィンドウの検索バーに「xmtrading」と打ち込み検索します。

サーバーリストが古いだけのときは、スキャンしただけで問題が解説することもあります。

スキャンが終了したらアドレス一覧に自分の口座のサーバー名がないかチェックしてみてください。

それでもない場合は「デモ口座の申請」ウィンドウの下の方に検索バーがありますので、「xmtrading」と入力してEnterキーを押すかスキャンボタンをクリックします。

XMTreadingアドレス一覧

アドレス一覧をスクロールすると下に「+新しいブローカを追加します」という文言が現れますが、これが検索バーです。
ここに直接「xmtrading」と打ち込みましょう。

「スキャン」をクリックすると、アドレス欄にXMのサーバーリストを取得していきます。

アドレス一覧に該当のサーバー名があることを確認してキャンセルボタンまたは×ボタンをクリックしてウィンドウを閉じます。

手順3
サーバー確認

MT4の「ファイル」→「取引口座にログイン」を選んで、ログインウィンドウでサーバーがあるかチェックしてください。

そして、一度MT4を閉じて再度起動させます。

MT4を再起動し、サーバーのプルダウンをクリック

まりえ

再起動したら「ファイル」→「取引口座にログイン」を選び、ログイン画面でサーバーのプルダウンをクリックするとXMのサーバー名がすべて表示されているはず。

該当するサーバー名のみを取得する

全てのサーバー名を取得してしまうと分かりづらい場合は希望するサーバー名のみを取得することもできます。

サーバー名を正確に打ち込むというデメリットはありますが、ログインウィンドウをシンプルに保ちたい人はこちらの方法が良いでしょう。

手順1
「オプション」を選ぶ
「ツール」タブから「オプション」を選びましょう。

ツールタブからオプションを選択

手順2
サーバー名を入力
「サーバー」の項目に該当するサーバー名を打ち込みます。

オプションウィンドウの「サーバー」タブにある「サーバー」の項目に該当するサーバー名を入力

注意
この時にサーバー名は半角スペースなど、すべてを正確に入力してくださいね。
少しの入力ミスでサーバー名を取得できないエラーが起こしますので気を付けてください。

まりえ

こちらのサーバー名をコピーして数字を変更してペーストすると良いでしょう。

XMTrading-Real 2 – Trading Point (Seychelles) Limited

入力したら「OK」ボタンをクリックします。

この段階ではMT4は回線不通の状態です。

手順3
スキャンしてサーバーを使えるように
「ファイル」タブの「デモ口座の申請」を選びます。

ファイルタブのデモ口座を申請を選ぶデモ口座申請ウィンドウの「スキャン」をクリックし、スキャンを開始します。

取引サーバーをスキャン終わったら②で入力した該当のサーバー名のアイコンが青色になっていれば完了です。

キャンセルボタンまたは×ボタンを押して、元の画面に戻ります。

手順4
サーバーがあるか確認

MT4の「ファイル」→「取引口座にログイン」を選び、ログインウィンドウでサーバーがあるか確認しましょう。

ログイン画面でサーバーのプルダウンをクリックして、該当のサーバーが表示されたらログインができますよね。

手順5
タイトル5
中身5

どうしても表れないときはインストールし直すと解消される見込みが高い

上記の方法を試してみても、どうしても自身のサーバーが出てこないことがあります。

その場合は一度MT4をアンインストールして、XMのホームページから新しくMT4をインストールし直すと高い確率で解決します。

まりえ

わたしも以前、どうやってもサーバーが出てこなくなったことがありました。

そのときMT4を再インストールしたらあっさりと直ってしまいました☆

最新バージョンをインストールすることで、MT4の不具合は直ってしまうことが結構あります。

XMのサーバーは会員ページで確認可能。MT4のリストにないときの対応方法を覚えておくと安心

XMのサーバーの確認方法とMT4にサーバーがないときの対応方法をご紹介しました。

これまで普通にMT4で取引できていたのに急にサーバーが一覧から無くなってログインできなくなったら、慌てずに今回ご紹介した方法を試してみてください。

また、どうしても不具合が直らなかった場合は、思い切って再インストールすることで案外直ってしまうこともありますので、XMに問い合わせせる前に試してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA